睡眠
睡眠時間は人それぞれ、睡眠時間の長い人、短い人、季節でも
変化します。
日中の眠気が非
常に強いようなら睡眠不足ですが、成人の場合、
6〜7時間が睡眠充足の目安です。年齢とともに必要な睡眠時間は
短くなります。
またスポーツ選手は一般の成人の平均(7〜8時間と)比べ、
睡眠時間が長い携行があるようです。
例:イチロー(9時間)タイガ・ウッズ(10時間)石川遼(11時間)



睡眠障害対処法

 就寝4時間前のカフェインの摂取は避けましょう。カフェインには覚醒作用が
    あり、4〜5時間持続します。

 就寝前の喫煙は避けましょう。タバコに含まれるニコチンは交感神経を刺激し
   睡眠を妨げます。

 寝酒は、深い睡眠を減らし、夜中に目覚める原因となります。

 眠くなってから床につきましょう。

 睡眠サイクル(体内時計)を固定しましょう。特に起床時刻を同じにすることが
   重要です。

 毎日起きる時刻に日光を浴びることは体内時計リセットに効果的です。
   起床後なるべく早く日光を浴びることが、夜の快適な入眠をもたらします。

 寝る30分〜2時間前から照明を暗くしましょう。室内が過度に明るいと
   自然な入眠が遅れます。

 運動習慣のある人は不眠になりにくいようです。毎日規則的に軽く
    運動しましょう。

 昼寝をするなら午後1時〜3時までに、15分〜30分程度で。
   夕方以降の昼寝は夜の睡眠に悪影響です。
   また30分以上眠ると逆効果です。

 熱い風呂に入ると体が目覚めてしまうので、就寝直前の入浴はぬるま湯で。