睡眠時無呼吸症候群とは
  睡眠中に呼吸が止まったり、喉の空気の流れが弱くなった状態が、
     1時間毎に何回も起こる状態です。
     一般的に1時間にこの状態が5回以上ある場合を
     睡眠時無呼吸症候群といいます。
     この1時間あたりの回数を無呼吸低呼吸数といい、
     重症度を決めるときに使用します。
     
5〜15回を軽症15〜30回を中等症30回以上を重症
     と分類されます
                           
原因は何??
     肥満のため首が太く、気道を塞いでしまう。
     舌が大きく喉を塞いでしまう。
     軟口蓋と呼ばれる鼻と喉の境の部分が垂れ下がる。
     顎が小さい。
     寝ているときに喉がふさがりやすい体質。
     鼻の空気の通り道が曲がっている。
症状はどんなの??
     睡眠中に呼吸が止まり、呼吸が再開するときに大きないびきを伴う。
     昼間眠くなる。熟睡感がない。
     記憶力が低下する。
     起床時、頭痛がする。
     夜間、何回もトイレに行く。
     インポテンツ。

     などがあげられます。思い当たる症状はありませんか?

治療方法はあるの??
   @CPAP療法
     鼻から専用のマスクを通じて、気道に空気を送り込み
     気道を拡げておく療法です。
     睡眠中のみ使用します。
     高血圧などの合併症の予防、改善効果があると立証されており、
     全世界でもっとも普及している療法です。
   A外科手術
     喉の閉塞する部分を手術によって切り取る方法。
     最近ではレーザーを当てて、部位の組織を小さくする方法もあります。
   Bマウスピース
     上顎と下顎が固定したマウスピースを患者さんに合わせて作成します。
     その際、下顎を上顎より前に固定することで気道の面積を広げます。
 
    2004年度から健康保険が適応。