ノロウイルスの感染予防


   ノロウイルスは冬季を中心に流行します。
   11月くらいから発生件数は増加し始め、1〜2月頃発生のピークになります。

症状

  ノロウイルスに感染すると、1〜2日の潜伏期間の後、主に下痢・吐き気・腹痛の症状が
  あらわれます。
  通常、これらの症状が1〜2日続いた後治ります。
  寝たきりの高齢者など免疫力の低い方は下痢やおう吐などの症状がきっかけとなって、
  重症化や死に至るケースもあります。
  症状が激しい場合は脱水症状を起こさないよう水分を補給して下さい。

症状

   ノロウイルスの感染経路はほとんどが経口感染(口から体内に入ること)です。
      ノロウイルスに汚染された食品を食べて感染する場合
     ノロウイルスに感染した方のふん便やおう吐物などから感染する場合

症状

基本は手洗い

   ノ ロウイルスの感染経路となるのが手指です。
   きちんと手を洗うことが感染予防の基本となります。

基本
   次の場合は手を洗いましょう。
   手洗いの前に腕時計や指輪ははずして下さい。
      食事の前
      トイレに行った後
      排泄の介助やふん便・おう吐物の処理の後

ふん便・おう吐物の処理は確実にする

   ノロウイルスは感染力が強いため、ノロウイルスを含むふん便やおう吐物は
   確実に処理し、家庭内で感染を拡げないようにすることです。
   消毒が不十分の場合、その後乾燥してノロウイルスが空気中に漂うことがあり、
   これを口から吸い込んで感染することがあります。

基本
     ふん便・おう吐物の処理には使い捨て手袋を使用し、マスクも着用しましょう。
     作業後は必ず石鹸を使って手洗いをしましょう。
     おう吐した場所、使用したトイレ、おう吐物の処理をした人のスリッパなどの
         履き物の裏側も消毒します。




ふん便・おう吐物の処理は確実にする

    次亜塩素酸ナトリウム溶液を使用します。

消毒液の作り方

   市販の「家庭用塩素系漂白剤」(原液に含まれる次亜塩素酸ナトリウムの濃度約5%)を
   使って消毒液を作りましょう。

便やおう吐物が付着した床・衣類・トイレなどの消毒
         
0.1%の消毒液で消毒
0.1%の消毒液の作り方

   
まず、500mlのペットボトルに水を半分くらい入れておきます。
   そこへ「家庭用塩素系漂白剤」10ml(ペットボトルのキャップ2杯)を入れます。
   最後に水を加えて全体を500mlとします。
   ふたをして、よく振って混ぜ合わせてください。


 
調理器具、床、トイレのドアノブ、便座などの消毒
         
0.02%の消毒液で消毒
 0.02%の消毒液
の作り方

  まず、500mlのペットボトルに水を半分くらい入れておきます。
   そこへ「家庭用塩素系漂白剤」2ml(ペットボトルのキャップ約半分)を入れます。
   最後に水を加えて全体を500mlとします。
   ふたをして、よく振って混ぜ合わせてください。



注意

  間違って飲まないようにペットボトルの取り扱いには気をつけましょう
  作った消毒液は時間がたつと効果が減少します。
    こまめに作って使い切ってください