人間の平熱は?→平均36.8度です。

 最近の傾向は?→低体温の方が増えているようです。

 低体温とは?  →血行が悪くなり、風邪にかかりやすくなります。
体温が1度下がると人間の免疫力は30%も低下します。
しかし、日本人の平均体温はこの50年で0.7度も低下している
のです。1950年代に36.8〜36.9度あった平均体温はいまや
36.2度。低体温化進んでいます。冷え性や肩こりなどつい
見過ごしてしまいがちな不調やアレルギー、肥満、老化の促進、
生活習慣病なども実は低体温が元凶。
主な原因は運動不足による筋肉量の減少、ストレスの増加、
エアコンの普及による体温調節機能の低下です。

 体温をあげるには?

 運動の習慣をつけて筋肉量を増やす 
→ 日々背筋をピンと伸ばして美しい姿勢を
キープするだけでも一定の効果が期待できる。
 バランスのよい控えめな食事 
→ 食事では免疫力アップ食材と言われるキノコやネギ、
オクラ、ヤマイモなどをよくかんで食べるとエネルギー
消費が促進される。
 質の良い睡眠 
→ 眠るときは部屋を真っ暗にして睡眠時間を7時間。


この3つのどれが欠けてもいけません。


 正しい検温の仕方

飲食や入浴、運動をした後や外出からの帰宅直後は検温を避けてください。
 脇で測る場合は、脇のくぼみの中心部に体温計を当て、手のひらを上向きにして
 脇をしっかり締めましょう。
 口で測る場合は、舌の裏の奥にある筋の横に体温計の先端を当てましょう。


平均体温を37度前後にしましょう〜〜


 大切な命のために、体温が下がる恐さを知ってください  命をつくる元気体温は36.5〜37℃です