糖 尿 病 食事療法について@       

   食事の基本とは・・・
     食べ過ぎない
     ⇒適正な体重を保ちながら、余分なエネルギー摂取を避け、
     インスリン需要量を減らすことができ、インスリン作用不足が改善され、代謝が良くなる。

     食事はバランス良く
     ⇒栄養素のバランスが良い献立は、合併症予防のため重要である。
      ・糖質、蛋白質、脂質の三大栄養素を適正に保ち、動物性脂肪や塩分のとり過ぎに注意する。
      ・ビタミン、ミネラル、食物繊維の適正補給も大切。

     1日3食、規則正しく
     ⇒毎日続けてこそ効果が出ます。
       食事を抜いたり、まとめ食いをしたりせず、1日3食を決まった時間に同じくらいの食事量を<BR>
       目安に食べることが重要です。規則的な食事習慣は、食後血糖値の変動を少なくし、著しい
       高血糖や低血糖を避けることができる。


   食事療法を成功させるためには・・・
     @肉や魚の料理には、海藻類や野菜料理を添えてボリューム感を持たせる。
     A骨や殻つきで盛り付けると‘かさ’もあり、食べるのに時間がかかるため、早食いの
       防止にもなる。箸をおいて食べるのも早食いの防止効果が期待できます。
     B大皿スタイルをやめ、個々の皿に食事を盛る。
     Cお菓子類は家に置かない。                                                 
     Dアルコールは自制心がなくなり、食べすぎの原因になるので控える。       
     E食品のうち緑黄色野菜は、1日量の1/3以上とるようにし、エネルギー量の少ない海藻、
       きのこ類はたっぷり使用する。ゆっくりとよく噛んで食べ、‘どか食い’を防ぐ。
       
                                  
   参考資料
  適正体重(標準体重)の求め方

  ●体格指数(BMI)*Body Mass Index をチェックしてみましょう

      現在の体重   現在の身長    現在の身長       BMI
        (kg) ÷   (m)÷     (m) =   

       【判定】
 
                         *日本肥満学会による肥満の判定基準

       この値が25をこえると肥満と判定されます。
       22が標準とされもっともも病気にかかりにくい理想的な数値だといわれています。


  ●理想の体重(標準体重)を求めてみましょう
     標準体重はもっとも疾病の少ないBMI22を基準として計算します。
     標準体重を目安に体重管理をしましょう。

        身長        身長            あなたの標準体重
          ×        × 22   =  
          (m)       (m)                  (kg)


  ●あなたの必要エネルギーは・・・?

      標準体重      身体活動量     1日のエネルギー摂取量
           ×            =               
          (kg)          (kcal)             (kcal)            
                                                      
                                                 
   【身体活動量の目安】                               
      ・軽労作(デスクワークが主な人、主婦など) ・・・25〜30kcal 
      ・普通の労作(立ち仕事が多い職業)     ・・・30〜35kcal        
      ・重い労作(力仕事が多い職業)        ・・・35kcal〜