ご飯をきっちる食べる

一日三食、ご飯をしっかり食べ、パンの常食は避けたいものです。 それは、
ご飯が少ないと間食(甘いお菓子など)を食べたくなってしまったり、
パンは
ご飯とちがって、砂糖や油脂が入っているものがほとんどだからです。


 玄米

生活習慣病の予防やダイエットに玄米食が推奨されますが、玄米と白米の
もっとも違うところは、食物繊維の量です。
玄米は、白米と比べると約8倍もの
食物繊維を含んでいます。
食物繊維を多く含んでいるということは腹持ちが良いということ、 裏を返せば消化が悪いということ、よく噛まないといけないということです。 病中病後の胃の弱っている方や胃を切ったばかりの方にはお勧めできません。 


成分 白米 玄米
エネルギー 356Kcal   350Kcal (0.98倍)
たんぱく質 6.1g 6.8g (1.11倍)
脂質 0.9g 2.7g (3倍)
炭水化物 77.1g 73.8g (0.96倍)
灰分 0.4g 1.2g  (3倍)








ナトリウム 1mg 1mg (-)
カリウム 88mg 230mg (2.61倍)
カルシウム 5mg 9mg (1.8倍)
マグネシウム 23mg 110mg (4.78倍)
リン 94mg 290mg  (3.09倍)
  0.8mg 2.1mg (2.63倍)
亜鉛 1.4mg 1.8mg (1.29倍)
0.22mg 0.27mg (1.23倍)
マンガン 0.8mg 2.05mg (2.56倍)
ビタミンE 0.2mg 1.3mg  (6.5倍)
ビタミンB1 0.08mg 0.41mg (5.13倍)
ビタミンB2 0.02mg 0.04mg (2倍)
ナイアシン 1.2mg 6.3mg (5.25倍)
ビタミンB6 0.12mg 0.45mg (3.75倍)
葉酸 12μg 27μg (2.25倍)
パントテン酸 0.66mg 1.36mg (2.06倍)
食物繊維(水溶性) 0.7g  (7.4倍)
食物繊維(不溶性) 0.5μg 3.0g

〈資料〉五訂日本食品標準成分表


発芽玄米

  発芽玄米は、わずかに0.5〜1oくらい発芽した玄米のことです。

   玄米の難点だった硬さが減り、柔らかくなり、白米と同じように炊飯器で炊く

ことができ、消化しやすいかたちになり、食べるときも白米に近い柔らかさで

食べることができます。

                             
                                       〈資料〉株式会社ファンケル


     縦軸は倍率を表しており、白米を’1’としています。

     例えば、脂質ならば2倍多いことになります。

   発芽させることによって大幅(10倍)に増えるのがガンマ−アミノ酪酸(ギャバ)です。

 

まとめ

玄米、発芽玄米は前述の通り、あらゆる微量栄養素の面で白米よりすぐれています。

また食物繊維が多く含まれているため消化吸収がゆっくりになり、血糖値を

急激に上げず長時間に渡って空腹感をさけることができます。

糖尿病の場合、食後高血糖は心筋梗塞・狭心症などの心血管イベントのリスクであり、

消化吸収がゆっくりな玄米は、理想的といえます。


                               
                                   〈資料〉株式会社はくばく