表紙見本   一例




お薬手帳とは?

処方されたお薬の名前飲む量飲み方回数などの記録(薬歴)を残すための手帳です。

お薬手帳があることで、病院や調剤薬局などで、薬の飲み合わせや複数の医療機関から同じ薬が重なって処方されていないかなどの確認をすることが出来ます。

また、旅先や外出先で体調を崩していつもと違う医療機関にかかった場合も、お薬手帳の情報から適切な治療を受けやすくなります。実際に、災害時にお薬手帳の情報から、いつも服用している薬が処方された例もあります。
 

  


お薬手帳の活用方法

1.まずは、ご自身の基本情報に加えて、アレルギー、過去に服用した薬による副作
 用
現在服用中のサプリメントや健康食品、常備薬などの情報を記入しましょう


2.手帳は、医療機関ごとに持つのではなく1で管理し、常に携帯しましょう

3.病院や医院、歯科医院、薬局、ドラッグストアなどに行ったときは、毎回医師
 歯科医師、薬剤師に提出してください。同じお薬だと必要がないと思われるかも
 し れませんが、毎回記入する事で薬の服用履歴(どのお薬をどのくらいの期間服
 用しているか)がわかります。


4.薬局で市販のお薬を買った場合や、お薬をもらったが記録してもらえなかった時
 などは、ご自身で記入しましょう


5.その他、お薬の服用中に気になったことや、医師、薬剤師に質問したいことなどを
 書き留めておいてもいいかと思います。ご自身のオリジナルのお薬手帳を作りまし
 ょう