食生活と栄養食事療法@




《人間が食事をする目的》

@ 空腹感を癒すため

A エネルギーや栄養素を確保し、健康を維持、増進しあるいは病気を改善させるため 

B    食品や料理を楽しみ嗜好を満足させるため。

C    食事を共有することにより、人間関係をよくするため。

《栄養食事療法としての食事》

人間は、上記のような目的で食事し、そのための食生活を営んでいる。

病気の人の場合は特にAの目的です。

高血圧・糖尿病などの生活習慣病では、病状をコントロールし、病気が悪化せず、
他の疾患が起こらないように生涯にわたり栄養食事療法が必要です。


 今回は高血圧症についてです。


  高血圧とは、何らかの原因により

1.血液量が増大

2.末梢血管の抵抗性が強くなる

 ⇒ 血圧が異常に高い状態のことです。


《なぜ血圧が上がるの?》

 @ 腎臓に存在する血圧を上昇させる物質の増加と血圧を下げる物質の減少

A    ホルモン調節の障害

B    交感神経の障害

C    血管にある平滑筋の収縮の変化

D    食塩による種々の変化

E    遺伝

《分類》

 本態性高血圧・・・原因不明。高血圧の8595%を占めています。

二次性高血圧症・・他の疾患があり、その影響で起こります。


《成人における高血圧の分類》

分類

収縮期血圧(最高血圧)

 

拡張期血圧(最低血圧)

至適血圧

120

かつ

80

正常血圧

130

かつ

85

正常高値血圧

130139

または

8589

I度高血圧

140159

または

9099

II度高血圧

160179

または

100109

III度高血圧

180

または

110

(孤立性)収縮期高血圧

140

かつ

90

 

《降圧目標》

分類

診察室血圧

家庭血圧

若年者・中年者

130/85未満

125/80未満

高齢者

140/90未満

125/81未満

糖尿病患者
慢性腎臓病患者
心筋梗塞後患者

130/80未満

125/75未満

脳血管障害患者

140/90未満

135/85未満

 

まずは生活改善をしましょう。

@    禁煙をします。

A    定期的な有酸素運動を行います。

B    寒冷を避けます。

 

そして食事療法を行いましょう。(他の疾患で制限がある場合は気をつけてください)

@    減塩でナトリウムを制限します。

A    肥満のある人は減量の必要あり。

B    アルコール摂取量は制限します。

C    たんぱく質は不足しないようにします。

D    調理油は食物油か魚脂を用います。

E    脂質の摂取量は制限します。

F    カリウム、カルシウム、マグネシウムを十分摂取します。

G    脂質異常症の是正、高血糖の改善、便秘解消など、高血圧に関与した病態改善が有効です。

H    食物繊維は積極的にとります。

I    食事は1日3食規則正しくゆっくり楽しく食べます。


 《美味しく減塩調味するポイント》


@    食材の旨味を利用する(出し汁:昆布、かつおぶし、干ししいたけ、和え物:鰹節で和える、
貝類の汁など)

A    香味野菜の利用(青ジソ、ネギ、ユズやスダチの皮、ミツバ、ミョウガ、ニラなど)

B    香辛料(山葵、辛子、山椒、カレー粉など)

C    酸味(レモン、酢、ユズ、スダチなど)

D    油の利用(唐揚げ、天ぷら、フライなど)

E    減塩調味料の利用(だし割り醤油、減塩醤油、減塩味噌、減塩ソースなど)

F    減塩加工品の利用(無塩パン、低塩海苔佃煮、減塩梅干し、薄味カレーなど)


最後に減塩のための参考の表を出しておきます。

《食塩を多く含む食品(目安)》



食品名

100gあたりの食塩(g)

常用量あたり

(g)

食塩(g)

うどん

0.3

200

0.6

食パン

1.3

60

0.8

塩鮭

1.8

40

6.5

シシャモ

1.2

30

0.4

もみじこ

4.7

30

0.4

アジ干物

1.7

60

1.0

海苔佃煮

1.5

15

0.2

しらす干し

6.6

15

1.0

めざし

2.8

10

0.3

かまぼこ

2.5

20

0.5

ちくわ

2.1

40

0.8

ロースハム

2.5

20

0.5

チーズ

2.8

20

0.6

クラッカー

1.5

20

0.3

ポテトチップス

1.0

30

0.3

あんパン

0.7

90

0.6

《食塩1gに相当する調味料(目安)》

調味料

質量(g)

目安量

濃口醤油

7

小さじ1

薄口醤油

7

小さじ1杯

減塩醤油

13

大さじ1杯弱

淡色辛味噌

8

大さじ1/2杯

甘味噌

16

大さじ1杯

ウスターソース

12

大さじ1杯弱

濃厚ソース

17

大さじ1杯

トマトケチャップ

30

大さじ2杯

マヨネーズ

45

大さじ3杯

以上を参考にして高血圧の食事療法を試してみましょう。