突 発 性 難 聴



 

概説

  音のセンサーであり、音波の振動エネルギーを電気信号に変換する内耳が、
突然障害を受けることにより高度の難聴をきたす病気。

  4060代に多く、発症率は約3千に1人と推定されている。


 

原因

様々な病因による内耳障害が突発性難聴という「 症候群」の中に含まれて
いると考えられているが確実な原因は不明 (ウイルス感染説、循環障害説
など諸説がある)。

    内耳には内リンパ腔が腫れる「内リンパ水腫」が生じることが多い。

 

分類

                    

       

伝達(伝音性)難聴 耳垢づまり、中耳炎、鼓膜損傷など ・・・・・聴力の回復が期待できる


感音(感音性)難聴  ・・・・・聴力の回復が困難

 

突発難聴:メニエール病や外リンパ瘻、聴神経腫瘍など

明らかな他の疾患によるもの

突発性難聴原因の明らかでない場合だけを真の突発性難聴


 

症状

ある日突然、片方(極めてまれに両方)の耳がほとんど、あるいはまったく聞こえなくなる。

 

主症状:

音が聞こえないというよりも耳がつまった感じ(耳閉感)、

音が響く感じ(聴覚過敏)

音がゆがむ感じ


副症状:

耳鳴り

めまい、吐け


 

診断

 聴力検査 感音難聴を認める。

難聴は一般に片側だけだが、高度のことが多くまったく音が聞こえない場合もしばしばある。

補充現象(小さな音量の変化を大きく感じとってしまう現象)が陽性であれば内耳障害が

生じている証拠。

 

鑑別:

@   急性高度感音難聴をきたす他の疾患(とくに聴神経腫瘍)との鑑別のため、
頭部(内耳道) MRI検査
を受けたほうがよいでしょう。

A   メニエール病の初回発作との鑑別診断は困難なことがあるといわれています。

B   迷路瘻孔症状検査が陽性であれば外リンパ瘻が疑われるが、陽性でなくても
発症時に「いきみ」や「鼻かみ」など中耳圧や脳圧に変化があったと考えられる場合には
外リンパ瘻
を疑うべきでしょう。

C   血液検査 ムンプスウイルスヘルペスウイルスなどの感染や再活性化が
明らかになる場合もある。

D   帯状疱疹の所見があればハント症候群と考えられる。

E   炎症所見が明らかであれば内耳炎と診断するのが妥当でしょう。


 

治療方法

  入院治療を原則とする。

 

騒音からの隔離と心身の安静という2つの観点から、できれば大部屋ではなく
個室
への入院が理想的。

入院中はテレビ、ラジオなどの視聴は基本的に禁止とし、電話も必要最低限に
とどめた方がよい。

治療内容は点滴静脈内注射による薬物療法が中心。

●標準治療例
 抗炎症作用や内耳循環改善作用、 末梢神経障害改善作用のある以下の
 薬剤を
点滴静注する。

 ・ステロイドホルモン漸減療法
 ・ATP(アデノシン三リン酸) ・ビタミンB12



 その他の障害がある場合には、以下のように各症状に合わせた治療が選択される。

<内耳動脈血栓や塞栓あるいは攣縮など循環障害が特に疑われる場合>

プロスタグランジン製剤(血流改善剤)、血栓溶解剤、低分子デキストランL


<メニエール病と同様の内リンパ水腫が疑われる場合>

浸透圧利尿薬、マンニトール製剤

利尿剤とビタミン剤の併用(LV療法)。


<ヘルペスウイルスの再活性化が明らかな場合>

抗ウイルス剤


<めまいや吐き気が強い場合>

7%炭酸水素ナトリウム注射液の点滴静注またはメトクロプラミド静注
 

一方、突発性難聴の発症にはストレスが関与していると考えられており、
心身の安静の目的からも抗不安薬経口投与されることもしばしばある。


 薬物療法以外には、血中酸素濃度を高める目的で高圧酸素療法が行われたり、

交感神経による内耳動脈の収縮を取り除く目的で星状神経節ブロックなどが
行われることもある。

外リンパ瘻の疑われる症例では試験的鼓室開放術が行われ、外リンパ液が
もれだしていれば内耳瘻孔を閉鎖する(迷路瘻孔閉鎖術、内耳窓閉鎖術)。

※注意:「標準治療」は診療活動をする専門医により行われている一般標準的な
治療法の解説であり、厚生労働省や学会で作成した「ガイドライン」そのものではない。


 

予後

  生命予後は極めて良好です。

 

できるだけ早期に治療を開始するほど予後が良好。

遅くとも発生してから1週間以内に治療を開始するのが望ましく、1ヶ月をへた場合には
聴力は固定すると考えられており、予後は極めて不良になり、通常は著しい改善は望めない。

 

聴力に関しては、難聴が高度の場合(まったく聞こえない場合)、めまいを伴う場合は 予後不良。

高齢者、ステロイドホルモンが使用できないような合併症のある場合も 予後不良。

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)を起こすムンプスウイルスによる場合は極めて予後不良で、
回復する見込みはほとんどない。

適切な治療により聴力が完全に回復するケースから不幸にしてまったく回復しない場合まで、
聴力予後は様々である。

それを確実に予測する方法はないが、一度聴力が固定したら基本的に変動や再発はない。


 

生活上の注意/予防

 再発の心配がない病気なので、聴力が完全に回復してしまえばとくに生活に制限はない。
 聴力が回復しなかった場合、音の方向感覚が失われたり、聞こえない側から話しかけられ
 てもわからなかったりするので、生活には注意が必要。


 めまいが残った場合はストレスや過労、睡眠不足などにより症状が悪化しないよう規則正しい
 生活を心がけるとよいでしょう。


 確実な予防法はありませんが、ストレスが発症に関わっていることが多いので、あまりストレ
 スや疲労をためないことが予防につながると考えられる。

 発症したら一刻も早く入院可能な病院を受診し、治療を開始することが最も肝心である。

                               参考HP:大阪労災病院耳鼻咽喉科