☆血圧とチョコレート☆



 高血圧の人がチョコレート食べる血圧が下がる効果がある!ということを
知っていますか? 
以前から、チョコレートが高血圧にいい効果がある、血圧が下がるという事は
認められていたようですが、どのような食べ方でもいいとゆう訳ではなく、糖分、
脂肪、カロリーの過剰摂取による悪影響も問題視されていました。


 チョコレートと聞けば、高カロリーで高脂肪のイメージを持つ人が多いと思います。
本当に高血圧の方がチョコレートを食べて、血圧が下がる効果があるなら、
少し血圧が高い方や、高血圧で降圧薬を飲み続けている方で
チョコレートが好きな人には、うれしい話です。


また、健康管理の一つとして、高血圧予防の為にチョコレートを食べるのも、
チョコレートが苦手な方は別として、
食べ方によっては手軽で効果がでるいい方法かもしれません。
高血圧症の方だけでなく、今、血圧が正常値の方でも、これから先の、
ご自分の高血圧予防の為にチョコレートを食べる事が、いい効果をもたらしてくれて、
あなたの健康ライフのお手伝いになるかもしれません。


20057月に、ドイツのケルン大学の研究チームが、
「毎日少量のチョコレートを食べると体重増加などの副作用がなく血圧が下がる」という
研究発表をして、アメリカの医学雑誌【JAMA】に掲載されました。
チョコレート効果がデータ化されたようです。どのチョコレートをどんな食べ方で
研究データをだされたのか、興味深いところです。


チョコレートは、どうやら高血圧に効果があるようですが、
どの種類のチョコレートで、どのようなチョコレートの食べ方をすれば
高血圧予防の効果があるのでしょうか?




高血圧とは、どうゆう状態?

高血圧は、ほとんどの方が理解されていると思いますが、
簡単に説明させていただきます。 

動脈を流れる血液の流れが悪くなると、心臓は、圧力を高めて血の流れをよくするため、
血管を押し広げようとするので血管の壁に、強い圧力がかかって血圧が上がります、
即ち、このような状態が高血圧です。


正常な血圧数値は?


心臓は、収縮と拡張の繰り返しで血液を送り出しています。
心臓の収縮で最も高くなった時(上の血圧)の血圧数値が、
140mmHg以上、
心臓の拡張で最も低くなった時(下の血圧)の血圧数値が
90mmHg以上は、
高血圧となり治療が必要とされています。


正常値は、130/85mmHg の範囲とされています。


高血圧の自覚症状は?


高血圧症は自覚症状がほとんど無い場合が多いようです。
軽い高血圧症状がでても、すぐに無くなってしまうことがあるので、
高血圧と気付かないことから、『サイレントキラー』とよばれています。


しかし、次のように、代表的な高血圧症状があります
・・・頭痛・動機・息切れ・めまい・肩こりです。

高血圧は、心臓と深く係わっているので心臓におこる症状も多く、
また、手足のしびれ・物忘れなどもあるようです。
 



高血圧予防にはチョコレート効果


高血圧改善効果のポリフェノール食品




チョコレートやココアには、その種類と食べ方にもよりますが、確実に血圧降下作用があり、
 それは原料のカカオ豆のポリフェノールが血圧を下げる効果によるものと報告されました。
他にも、血圧とチョコレートに関する医学論文が数多く発表されています。


ポリフェノールは、抗酸化作用があり、カカオ豆には、ポリフェノールの仲間の
エピカテキンが含まれています。


ダークチョコレートとは、乳製品が入らない、カカオ含有量が40~60パーセントの
チョコレートのことです。日本では、ブラックチョコレート・ビターチョコレートと呼ばれて
います。カカオ含有量が多いほどエピカテキン効果があるようですが、
味的には好みがわかれるようです。
チョコレートは脂質の多い食品であるが、高カカオチョコレートは普通のチョコレートの1.2〜1.5倍の脂質を含むものもあり、食べる量に注意する必要がある。


 チョコレートやココアの原料であるカカオ豆のエピカテキン(ポリフェノールの一種)が、
食べ方にもよりますが、血液中の活性酸素を分解して硬化した血管を柔らかくし、
若い状態に戻す働きの優れた効果があると説明しています。


高血圧予防効果のあるチョコレートの食べ方


このエピカテキン効果が期待できるチョコレートの食べ方は、一日に、板チョコレート
半分から
2/3くらいまでの量とされています。このチョコレートの量を、
一度に食べるのではなく、間隔をあけて少しずつ食べるのが、効果的な食べ方です。


この食べ方が、血液中のエピカテキン濃度を高濃度状態で保つことができて、
高血圧予防に効果的だそうです。
一度に、たくさん食べてもエピカテキンの高濃度は、維持できないので効果的では
ありません。
必ず、この効果的な食べ方でお召し上がりください。


このように、チョコレートに含まれるポリフェノールの一種である
エピカテキンは、血管をしなやかにする事で血圧降下につながり、
抗酸化作用が認めらています。


但し、カカオ含有量の多い ダークチョコレート(ブラックチョコレート・ビターチョコレート)
だけが
高血圧の予防効果があると、東京医科大学の椎名先生が説明されてました。
医学的にも高血圧に効果がある事も証明されています。


 毎日、板チョコレートを一片だけでも続けて食べると、高血圧改善効果が期待できるようで、
血圧が低下したという研究結果もでています。
但し、厚生労働省と農林水産省は、菓子・嗜好品等から摂取するエネルギーは1日
200Kカロリー以内を目安に摂りすぎないように推奨しているそうなので、食べ過ぎには注意が必要です。


高血圧予防の為の効果のでるチョコレートの食べ方は、ダークチョコレートを、
できるだけ毎日少量ずつ食べることを続ける!
この食べ方が、高血圧予防効果秘訣のようです。


 数種類のチョコレートの中の、ダークチョコレートだけが、
そしてその食べ方によって、エピカテキンの抗酸化効果で
高血圧数値が改善されるようです。


 繰り返します!ダークチョコレートを一度に食べないで、
間隔をあけて少しずつ食べるのが、効果的な食べ方です。


どのチョコレートをどのような食べ方をするかによって、
将来のあなたの健康状態が変わってくるかもしれません。


チョコレートの抗酸化作用を大いに利用し、健康効果の出る食べ方で
チョコレートを食べて健やかな毎日を過したいですね。



参考HP:テレビから学ぶ健康美容診断2014